自然エネルギー活用住宅「エアサイクルの家」で注文住宅を建てる滋賀県大津市の工務店「株式会社駒音」

はじめましての方へ"

はじめましての方へ
  • 住まいの相談書
  •            
  • 家づくり・子育てQ&A
               
  • 住まいの相談書
  • 家づくり・子育てQ&A
住まいの相談所
家づくりや子育てについてのあんなこと、こんなこと…色々お話しませんか? 家づくりや子育てについてのあんなこと、こんなこと…色々お話しませんか?

「家づくり」は多くの方にとって一生に一度の大イベント。まずは、どんな小さなことでもお気軽にご相談ください。
「来てみてよかった」「相談してよかった」
「また話がしたい」

そんな「気持ち」になってもらえたら…
木の香りに包まれた駒音モデルハウス「楓」で、
「木のプロ こまさん」
「子育てのプロ めーちゃん」
お待ちしております!

などなど…何でもご相談ください!

会場
ご予約はこちら
必須希望日 第一希望日:
第二希望日:
第三希望日:
※第一希望のみご記入された場合でもご予約可能です。
必須お名前
フリガナ
必須メールアドレス
必須メールアドレス(確認)
必須郵便番号 -(例:000-0000)
郵便番号を調べる
必須ご住所 【都道府県】
【市区町村】
【丁目番地】
電話番号
(携帯または固定)
- -
備考欄
Q&A Q&A

住まいの相談会では「木のプロ」と
「子育てのプロ」が
家づくりや子育てについての他にも様々なギモンにお応えします。
お気軽にご相談ください!

こまさん 代表取締役 駒沢 宜重

僕は木の家を造ることが大好きです。
家が完成してお引渡しをする時
毎回さみしい気持ちになります。
でも、「ありがとう」の言葉を頂けると
すごく嬉しくなります。
嬉しいと想えることは一生懸命がんばれます。

趣味
マラソン・ランニング
愛犬(クー)との散歩・世界遺産巡りの旅
保有資格
■二級建築士 第8704号
■宅地建物取引士(滋賀)第005525号
■住宅省エネルギー施工技術講習修了
 (滋賀県015-25-C-0020)
■滋賀県被災建築物応急危険度判断士 No.30022
■JBNインスペクター No.0001504
■建築士会継続能力開発(CPD)制度
 特別認定研修受講修了 No 122
■労働安全衛生法による技術指導講習受講修了
■木材加工用機械作業主任者能力向上(定期)教育修了
■風水インテリアアドバイザー2級

・木が腐ったり、シロアリが木を食べてしまう「仕組み」を理解しておけば心配いりません。木は「濡れる(湿る)⇔乾く」を繰り返すと腐ってしまい、白蟻も発生しやすくなります。
骨組みである土台や柱などを乾いた状態で維持させることで、木の家は腐ることもなく丈夫で長持ちさせることができます。弊社がおススメする「エアサイクル工法」は木を乾いた状態で持続させる独自の工夫がなされています。詳しくはエアサイクルをご覧ください。

・正しい「知識・計画・施工」で建てれば地震や台風にも木の家は強いです。大地震が起きた時ニュースで壊れた家を見たりしますが、どれも正しく建てられていない粗末な家ばかりです。
「法隆寺」は1000年以上も建っている世界最古の木造建築物で、木の強さは歴史をもって証明しています。

・無垢材が人の健康に大きく関わっているからです。無垢材を使った住空間は暖かみを感じ、ほのかな香りで安らぎをあたえてくれます。
他にも室内の温度を調節したりストレスの感じない効果が無垢材には備わっています。
弊社ではお客様に木の持つ力を五感(触・香・色・音・味)で感じていただきたいという思いからおススメしています。

・日本で古くから採用されてきた柱は梁などで骨組みを作る「在来軸組工法」が間違いなくリフォームしやすいです。
プレハブ系やパネル(ツーバイフォー)系の家は「箱」の様な構造なので、壁を取り除いて間取りを変更したりは出来ません。すごく重要なことですが意外と知られていない事実です。

・確かに家を建てたらメンテナンスは必要です。
特に高価な機械設備(高性能な給湯機器や太陽光発電システム・・・)は当初のメリットを持続させるために実は定期的なメンテナンス費用が掛かってしまいます。
生涯住宅コストを考えたら目先の特典だけに気をとらわれないで、出来るだけ機械設備に頼らない家造りが将来の不安解消につながります。

めーちゃん 駒沢 恵美

子育て中のママへ
笑い 泣き 怒り そして悩み
親子共々 そんな気持ちのくり返しの
毎日ですよね。
長いようで短い子育て
子どもの成長段階に合わせた環境を
一緒に造ってみませんか・・

趣味
スポーツ観戦
保有資格
■保育士資格
■幼稚園教諭ニ種免許
■整理収納アドバイザー2級

・初めは間仕切りなしの大きい部屋として家族そろっての寝室などに使用します。
あらかじめ、家具配置を考えた上で最初にクローゼットと電気配線(コンセント)だけは 作っておきましょう。必要となった時に間仕切りの壁さえ作れば、快適な空間を確保できるのではないでしょうか・・・。

・バリアフリーや動線はもちろんですが、よく通る廊下や部屋の角に丸みをおびた部材を入れることでふつかり防止やクロス敗れを軽減できます。
安全はもちろんですが家全体が優しい空間になりますよ。

・おもちゃ・絵本など、まずは片づける場所を背の届く高さに必ず作ってあげてください。
次に持ちやすい大きさのBOXを用意して一緒に分類しましょう!
片づける場所が確保されていれば、言葉がけによって子どもさんは自発的に動き、物も大切にすること間違いなし!

・巣立たれたお子様の部屋をご夫婦の趣味に合わせて模様替えされても良いでしょうね。
将来お孫さんが遊びに来られた時に3世代で思い出話の出来る空間になれば造り手側の私たちにとっても最高の家造りです。

・小さい間はなるべく高さのあるものを置くのは控えましょう。
遊ぶスペースは子どももママも確認しやすい位置にすると家事をしながら会話もはずみ楽しい空間になるのではないでしょうか。

・まずはリビング・ダイニングで一緒に勉強しその後そばで見守ってみてはどうでしょうか?
または、家族みんなが多目的に使える「頑張る場所はここ!」 という特別なデスクワークの場所を作ってもいいですよね! 向き合う時間を作ることでより安心な生活が送れるとおもいますよ!